月別アーカイブ: 2016年3月

認知症は単独の病気ですが、その人には、他にもたくさんの病気が身体にあります。それも忘れずに。

認知症ほど老人の病気として知れ渡っている病気は他にはないでしょう。
昔は、ボケとか恍惚とか言われていたのを知っていますか。病気とは認められていなかったのです。
病名がはっきりしているだけでも前進だと思います。
社会が受け入れなければならない問題だという事が分かるでしょう。
認知症は精神科で治療して貰えます。薬をたくさん処方されます。でも治りませんよ。認知症はまだ現段階では治らない病気です。
病院で死亡診断書に認知症と記入されることはありません。
癌と同じくらい恐怖の病気なのに、認知症で死ぬ事はありませんから、世の中も、どのように考えたらいいのか分からない所があります。
ですから、認知症の人が電車に撥ねられ死亡すると、鉄道会社から多額の請求を求められます。大変な時代です。
認知症とはどのように判断されるのでしょう。
病気としてだけなら、病院の医師の診断書でいいのです。
ところが、認知症はそれ以外にもたくさんの問題が含まれます。
身体障害者としての認定です。障害者としての等級です。1から3まであります。本人も家族もどの等級に入るかで、経済的にも世話の方法に大きな違いが出て来ます。
もう一つは、介護の問題です。
この介護にも、要介護の数値が決まっています。1から5です。
この中の何処に認定されるかで、障害者と同じように負担が全然違います。
ここで、もっと大きな問題にぶつかる人が殆どです。
認知症の人は、殆どが他の病気を持っていること。複数の病名を持って、行政の障害者、介護の仕分けに直面します。
認知症の人は、内臓に病があったり、足や手や腰に病を持っている。
これが、治療や介護に間違った判断を持たれる事が問題なのです。
例えば、介護の必要な人が、特別養護老人ホームに入居するとします。
認知症を持っている、足が悪くて歩けない、トイレにも行かれない、手が悪くて一人では食事も出来ない。内臓が悪いから食事も皆さんと別メニューになる。
これらを引き受けてくれる特養ホームはそんなに数はありません。
病院に入院を促されます。病院はその日の治療はしますが、入院までは認めないのが殆どです。
ここが問題なのです。
老人の病気として、認知症を考える時、必ず複数の病気と一緒に考えて欲しいのです。
老人病という名前に変えて、総合的に対処するような国の姿勢が見られることを願います。

認知症と生活習慣について

認知症は、生活習慣によっても発症しやすくなります。
その内容について、まとめてみました。

・喫煙
タバコを吸っている人は、認知症になりやすいと言われています。
タバコは、脳の血管障害を引き起こしやすくなるからです。
そのため、喫煙をしている人は、見直す必要があります。
少し多すぎとなっている場合は、その本数を減らすだけでもその効果を期待することが出来るのです。
タバコは一利なしと言われるほど、体のためにもよくないものです。
そのため、認知症について心配となった時には、是非とも見直すことをおすすめします。

・多量のアルコール
飲酒は、少しなら健康的にも良いと言われています。
しかし、その反対に大量に飲んでしまうと、健康被害があります。
その一つに、認知機能の低下があるのです。
その結果、認知症となってしまう確率も高くなると言えます。

・運動不足
認知症になりやすいのは、刺激が少なくなることなのです。
脳を使わなくなると、認知機能は劣ってしまいます。
そのことから、運動をすることはそのこと自体が刺激となり、認知症を予防することができます。
運動は、有酸素運動をすることによって、よりその効果を期待することができます。
年を取ると、有酸素運動をすることがむつかしいということもありますね。
そんな時には、座ってできる運動や手を動かす等ということでも、認知機能を高めることができます。

・食事は栄養バランスよく食べる
食事は、体を作る大切な内容です。
そしてその食事は、毎日のことなのでその積み重ねによって、体の機能も違ってきます。
偏った食事をしていると、脳血管障害等の病気にかかる危険性が高くなります。
そのような病気になってしまうと、行動をすることが制限されることにより、より認知症のリスクが高くなります。
日々の積み重ねの食事は、そのような病気にならないように意識をして食べるようにしましょう。

認知症は、日々の暮らしの中でも、予防をすることができます。
そのことを意識して行動することが大事と言えます。

認知症について、早期発見を。

「認知症」とは加齢よってにともなう病気のです。さまざまな原因で脳の細胞が死ぬ、または働きが悪くなることによって、記憶力の低下、判断力の低下などの障害などが起こり、意識障害はありませんが、社会生活や対人関係に支障が出ている状態をいいます。
種類は、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症などがあります。
アルツハイマー型認知症は初期の段階で、
・短時間でおきた出来事を忘れてしまう
・著しい記憶力の低下
・時間や場所の見当識の低下
などが起こります人によっては、
・注意力の低下
・向上意識の低下
・落ち込みがちになる(うつ病からの場合が多い)
などのほうが多く出る場合もあります。その後発病からの時間経過によって、
・簡単な単語なのに単語が思い出せなくなる
・今まで出来ていたような簡単な作業が出来なくなる遂行機能の低下
といったより外部への被害が大きくなります。
レビー小体型認知症は、初期の段階で
・錐体外路症状
・幻覚の中でも幻視
・意識の清明さが変動する
などが起こります、とくにレビー小体型認知症の初期段階で併発しやすい病気は
自律神経の機能低下から起こるうつ病です。
うつ病によって今までやっていた仕事を突然やめてしまったり、生きることに楽しみを感じられなくなり最悪の結果を招くといった事例もあります。
そして、闘病生活時に
・抗パーキンソン病薬
・抗不安薬
・睡眠薬
・抗精神病薬
・抗アレルギー薬、などの薬を服用すると症状が悪化する恐れもあります。

血管性認知症は、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などの、明らかな脳血管障害が起きたあと、
認知機能が低下したのちに、起こってしまう病気を、血管性認知症といいます。
まず、注意力の低下、意欲の低下、うつなどの症状が起きます、
こちらは、前者の二つと比べ、
注意力の低下よりも意欲の低下が目立つ場合が多かったり、急に泣いたり怒ったり、感情の起伏が激しくなるということが起こります。
今まで書いたような症状が少しでも出て、『もしかしたら』と感じたら一度病院で見てもらうことをお勧めします。大事なご家族を少しでも長生きさせるためにその一歩が大切です。