認知症について、早期発見を。

「認知症」とは加齢よってにともなう病気のです。さまざまな原因で脳の細胞が死ぬ、または働きが悪くなることによって、記憶力の低下、判断力の低下などの障害などが起こり、意識障害はありませんが、社会生活や対人関係に支障が出ている状態をいいます。
種類は、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症などがあります。
アルツハイマー型認知症は初期の段階で、
・短時間でおきた出来事を忘れてしまう
・著しい記憶力の低下
・時間や場所の見当識の低下
などが起こります人によっては、
・注意力の低下
・向上意識の低下
・落ち込みがちになる(うつ病からの場合が多い)
などのほうが多く出る場合もあります。その後発病からの時間経過によって、
・簡単な単語なのに単語が思い出せなくなる
・今まで出来ていたような簡単な作業が出来なくなる遂行機能の低下
といったより外部への被害が大きくなります。
レビー小体型認知症は、初期の段階で
・錐体外路症状
・幻覚の中でも幻視
・意識の清明さが変動する
などが起こります、とくにレビー小体型認知症の初期段階で併発しやすい病気は
自律神経の機能低下から起こるうつ病です。
うつ病によって今までやっていた仕事を突然やめてしまったり、生きることに楽しみを感じられなくなり最悪の結果を招くといった事例もあります。
そして、闘病生活時に
・抗パーキンソン病薬
・抗不安薬
・睡眠薬
・抗精神病薬
・抗アレルギー薬、などの薬を服用すると症状が悪化する恐れもあります。

血管性認知症は、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などの、明らかな脳血管障害が起きたあと、
認知機能が低下したのちに、起こってしまう病気を、血管性認知症といいます。
まず、注意力の低下、意欲の低下、うつなどの症状が起きます、
こちらは、前者の二つと比べ、
注意力の低下よりも意欲の低下が目立つ場合が多かったり、急に泣いたり怒ったり、感情の起伏が激しくなるということが起こります。
今まで書いたような症状が少しでも出て、『もしかしたら』と感じたら一度病院で見てもらうことをお勧めします。大事なご家族を少しでも長生きさせるためにその一歩が大切です。