認知症の人に行う時に気をつけたい精神的なケア

認知症の人をケアする時、そのことについて理解をしている人と、していない人では大きな違いがあります。
それは、認知症の人の精神的なところを把握してケアをすることが大切なのです。
そのようにケアをすることによって、自分も楽になるし、相手にも素直になってもらうことができます。
その精神的なケア内容について、まとめてみました。

・人として尊厳する
認知症となっていても、正常な時もあります。
そのため、人として尊厳することが大切です。
その時に尊重する言葉使いをすると、相手の人にも納得をして行動をしてもらうことができます。
その反対に、尊重をしない言葉使いをすると、その後に行動をしてくれなくなるのです。
頑固であるというところも、認知症の人には見られやすいところです。
そのため、最初が肝心となります。
その人をケアしてあげたいという気持ちを持って、接することが大切です。

・優しく接する
認知症の人は、不安な気持ちを持っています。
正常な時もあるので、その時にとても後悔をすることがあるのです。
そんなとき、叱りつけることが多くなると、ますます不安が強くなります。
不安を常に抱えていると思って、優しく接することが大事です。

・行動を理解する
認知症の人がおかしなことをしていると、そのことについて否定的な感じで見てしまいがちです。
しかし、そのおかしな行動をしているという中には、意図があってしていることもあります。
そのため、一概におかしいと思うことなく、どうしてそのような行動をしてしまったのか、確認をする、自分で考えて見るというコことが大事です。

・本人のペースに合わせる
認知症の人は、行動をすることが遅いです。
また、言葉が直ぐに出ないということもあります。
そんな時、介護をしている人は、イライラすることがありますね。
しかし、焦らしてしまうとますます頑固になってしまうことがあります。
そのため、その人のペースに合わせて行動をしてあげるようにしましょう。