alzheimer のすべての投稿

性格の変わってしまった祖母

祖母が91歳の時に脳梗塞になり入院しました。入院したばかりの頃はまだ言葉も聞き取れたし、こちらの問いかけにも答えていましたがだんだん言葉を喋れなくなり「あーうー」しか言えなくなってしまいました。性格も変わり怒りっぽくなったり泣いたりでした。元々足腰弱ってきていたのですが、この入院で全く歩く事ができなくなり寝た切りになり、伯母が家で介護をする事になり引き取りました。伯母の家は幸い私の家から近かったので週に何度かお手伝いに通いました。
祖母は病院にいる頃よりは落ち着いて見えましたが、何か言いたい事があるのかただ叫んでいるだけなのか急に叫び出す事がありました。興奮していて眠れないのか夜中中叫ぶこともあり先生に眠れるお薬を処方してもらいやっと眠れた時もありました。夜中などはとくにご近所の迷惑になるのではとそれが心配でした。
オシッコは管を入れてもらっていましたがウンチはオムツなので、ヘルパーさんが来てくれた時にしていれば頼みましたが、伯母と二人でよく取り替えました。私が祖母の手を握り安心させてその間に伯母がお尻を洗いオムツを取り替えます。オムツ交換はとても嫌がるので一苦労でした。
食事は食べやすい柔らかいものを用意していましたが、気に入らないと口から出して壁に投げつけていました。元々の祖母はお行儀の悪い事に関して厳しい人だったので、食べ物を投げるなんて考えられない事でショックでした。
でも何もかも病気のせいです。私たちが落ち込んで暗くなったら祖母も辛いと思ったのでとにかく明るく笑顔で接しました。凶暴になった祖母に叩かれたりしましたが、それも叩かれたーと伯母と笑い飛ばし楽しく介護をしようと心がけました。
元気だった頃の祖母はお風呂が大好きだったのですが、訪問入浴の日はとても気持ち良さそうで穏やかな顔をしていました。そういう時は元の祖母になったようで私も嬉しかったです。ヘルパーさんもみんなとても良くしてくれて助けてくれて心強かったです。結局それから半年後くらいに1週間くらい目を覚まさなくなりそのまま眠ったまま伯母が朝起きたら祖母は亡くなっていました。皆さんに助けてもらいながら家で眠るように最期を迎えられて良かったと思っています。

介護は人を選ぶ仕事だとは思うが、やりがいはあると思う

私が介護を体験したのは10年間です。それまでは介護というものに対して偏見を持っていた私ですが、実際にやってみて、これほどまで大変で慈愛の精神が必要なものだったのかということを必要に迫られてようやく気付きました。
介護が必要になったのは私の祖母がアルツハイマー型の認知症になったことがきっかけでした。自分の言っていることに整合性がなくなってきたり、夜中でも物を食べたりして困っていました。実はこのあたりが最も介護で大変だったことで、説明不可の人に説明をするということがどれだけ大変かということがわかりませんでしたし、自分でホームヘルパー2級を取るまでは、介護の知識も技術もそこそこだったのですが、資格を取ってからはますます介護に磨きがかかりました。祖母の話し相手を何時間も務め、メンタルクリニックなども頻繁に付き合って行っているうちに、だんだんと介護が楽になっていくのを感じました。
ただ、きつかったのは夜中であっても、祖母が自分の部屋の前まで来て夜中に突然起こしに来たりしたこととか、薬を飲んでいても夜中に暴れたり奇声を発したりすることでした。こればかりは介護の勉強をしていても辛いものがあり、夜中の対応は本職の介護人でも難しいことがわかり、介護施設で働いている人は本当に素晴らしいなと感心した思い出があります。
また、デイサービスへ祖母が通うことになった時、職員の方々が本当に笑顔で対応してくださり、家族としては毎日、頭が下がる思いでした。最初は祖母も嫌々行っていたのが、笑顔のおかげで毎日楽しくデイサービスに行くようになり、現在入所している介護施設でも職員の方々と仲良くしているようです。
やはり介護とは辛いものですが、その分、人のためにとか、人の笑顔が好きという人は向いているのではないでしょうか。高齢者の方々や認知症の方であっても、しっかりと意志はありますし、言っていることもわかると思うのです。だからこそ、介護は人を選ぶ仕事だと思います。

2009年年明けからすぐに半年ちょい介護の仕事で就職してました。

もう介護の仕事で正社員をしていた時期から、かなり年月は経過しましたが当時の大変だったことなど鮮明に覚えております。

老人保健施設ということで 軽度の方もおられれば重度の方もおられる施設でした。

片麻痺、経管栄養の方、認知症の方などの利用者さんがおられ 介護マニュアルを一通り読んで勉強もしてテストも合格はしてたんです。

なのに無能なのが たたり結局のところ一年経過することなく私は退職に追いやられました。
つまり、勉強したことよりは介護施設におられる一人一人の利用者さんの現状にふさわしい介助が一番重要視されておりました。

オムツ交換一つとっても体位変換が困難な場合は一人で頑張らず誰か社員さんを呼んで協力して介助してました。

食事介助の時は喋れない またはろれつが回らない聞き取れない利用者さんもおられます。

顔の動きとか手の動きあらゆる観察力を働かせていかないといけません。

介護の仕事は習うのも良いけど慣れも必要です。

人によって経験値の上がり方は違いますが慣れてくるとスピードがついてくるし介護アドリブがきくようになります。

老人保健施設での仕事で他のスタッフさんも言われてましたが入浴介助が一番自分達の身体に負担をかけるということです。

次から次へと利用者さんをお風呂に入れていくやけですが移乗する時に落とすことべからずですし、水を口とか鼻に入れてしまわないよう注意することも必要です。

垢の除去も必要なおかつスピードも必要です。

よってそれら気をつけていたら自分達の腰を痛めてしまう危険性があるので介助後には しっかりストレッチしてやることも回復のため必要でした。

老健で楽しかったことは童謡を一緒に歌ったりレクレーションを指導してる時に笑顔になる方が多くてそれは楽しかったです。

また、工場とは違って仕事する時にはする、あまり動きがない時は 暇になったり 空き時間が多かったのは嬉しいポイントでした。

一年以内に辞めたので夜勤経験ができなかったのが残念に思います。

大変なこともあればいい思い出もありました

“は独身時代に介護職として7年間働いていました。老人保健施設、特別養護老人ホームで働いていて、色々な高齢者の介護をしていて、介護について体験をして考えることもありました。

介護で大変だったこととしては、身体的な負担と精神的な負担がありました。身体的な負担というのは、日常生活すべてにおいて介助をしていて、例えば入浴担当になれば朝の3時間ぐらいは入浴介助になりますし、25人ぐらいの高齢者が入浴するのを次々にお手伝いするという仕事になります。
一日通して体を動かす仕事で体にかかる負担は大きく、腰痛になる人も多かったですし、私の場合も仕事が終わったら体がくたくたということが多かったです。

また認知症高齢者が多いのでスムーズに意思疎通ができずに、暴言を言われたり、暴力をふるわれたりすることも日常茶飯事でした。
特に特別養護老人ホームは介護度の高い人が多かったので、こちらが入浴に誘ったのを拒否して、引っかかれたり、叩かれたりということもありましたし、
トイレに誘っても同じこともありました。
良かれと思ってやっていることが全く通じない、相手のためにならないということに対してむなしさを感じました。

いい思い出としてはやはり介助をすることで「ありがとう」という言葉がもらえることでした。一日に何度ありがとうを言われたかわかりませんし、家族の人からもとても感謝してもらいました。そのことで自分の仕事はやりがいがある、誰かの役に立っていると感じることができました。
また高齢者の方が施設生活の中で活き活きとしている姿を見たり、施設に入所してきた時よりも生活を通して元気になっていく姿を見ると、この仕事をしていて良かったなと強く思いました。

私が職場を離れる時に「寂しい」と涙を流してくれる高齢者もいて、介護という仕事は大変だけれども、要介護の高齢者の生活を支える大事な仕事で、自分が支えているようでいて、逆にやりがいや生きがいで私自身が輝いていることもあると思えました。

認知症の人に行う時に気をつけたい精神的なケア

認知症の人をケアする時、そのことについて理解をしている人と、していない人では大きな違いがあります。
それは、認知症の人の精神的なところを把握してケアをすることが大切なのです。
そのようにケアをすることによって、自分も楽になるし、相手にも素直になってもらうことができます。
その精神的なケア内容について、まとめてみました。

・人として尊厳する
認知症となっていても、正常な時もあります。
そのため、人として尊厳することが大切です。
その時に尊重する言葉使いをすると、相手の人にも納得をして行動をしてもらうことができます。
その反対に、尊重をしない言葉使いをすると、その後に行動をしてくれなくなるのです。
頑固であるというところも、認知症の人には見られやすいところです。
そのため、最初が肝心となります。
その人をケアしてあげたいという気持ちを持って、接することが大切です。

・優しく接する
認知症の人は、不安な気持ちを持っています。
正常な時もあるので、その時にとても後悔をすることがあるのです。
そんなとき、叱りつけることが多くなると、ますます不安が強くなります。
不安を常に抱えていると思って、優しく接することが大事です。

・行動を理解する
認知症の人がおかしなことをしていると、そのことについて否定的な感じで見てしまいがちです。
しかし、そのおかしな行動をしているという中には、意図があってしていることもあります。
そのため、一概におかしいと思うことなく、どうしてそのような行動をしてしまったのか、確認をする、自分で考えて見るというコことが大事です。

・本人のペースに合わせる
認知症の人は、行動をすることが遅いです。
また、言葉が直ぐに出ないということもあります。
そんな時、介護をしている人は、イライラすることがありますね。
しかし、焦らしてしまうとますます頑固になってしまうことがあります。
そのため、その人のペースに合わせて行動をしてあげるようにしましょう。

認知症と性格との関係について

認知症は、その人の性格とも関係すると言われています。
その認知症になりにくい人というのは、あまりこだわりのない、のんびりとした性格の人です。
そのような性格の人は、かかりにくいと言われています。
その反対に、色々な性格によってかかりやすい傾向があります。
その内容について、まとめてみました。

・几帳面な人
几帳面な人は、認知症にかかりやすいと言われています。
それは、物事に対して真剣に考え込んでしまうからです。
その結果、ストレスがたまりやすくなってしまうのです。
ストレスを抱えることによって、体の機能が落ちて代謝も落ちます。
その結果、認知機能もおちてしまうことがあるのです。
几帳面ということは、とても良いことです。
しかしそのことによって、自分でもストレスを感じると思っている人は、ストレスを適宜発散するようにしましょう。
そのようにすることによって、自分が抱え込んで辛くなることがなくなりますね。

・怒りやすい人
怒りやすい人は、その時に血圧が上がることによって、脳血管障害等を発症するリスクが高くなります。
その結果、脳血管障害を発症すると、認知症になる可能性が高くなるのです。
怒りやすいという人は、ひと呼吸おいて物事を考えるようにするといいですね。
すると、その怒りを少し沈めることができます。
またその怒りを、別のことにストレス解消をして行うようにしましょう。
すると、体も元気になることができます。

・一人が好きな人
一人が好きな人は、自宅に閉じこもることが多くなります。
若い時には、それでも必要に迫られて人と会うことが多いです。
しかし、仕事がなくなってしまうと、人に会うことも少なくなり、刺激が全くないくなってしまう生活を送ることになります。
そのようになると、認知症になる確率が高くなるのです。
そのため、人と接触できるように、出来るだけ外出をすることを心がけましょう。
特に年を取ると、その機会が少なくなります。
デイサービス等を利用するといいですね。

認知症を予防するための4つの方法

高齢化が進むにつれてますます増えていっている認知症。自分はまだ若いから大丈夫だと思っている方もおられるかもしれませんが、若くして罹ってしまう若年性認知症というものもありますし、ご両親が高齢の場合はたとえどんな人でも認知症になる可能性が高まってしまうため決して他人事ではないのです。そこで、今回は認知症を防ぐための方法について簡単にまとめてみました。

・生活習慣を見直す
高血圧や糖尿病などの生活習慣病に罹ると認知症になるリスクが上がってしまうため、まずはこれらを防ぐためにも規則正しい生活を心がけるようにしましょう。何故高血圧や糖尿病が認知症になる確率を上げてしまうのかというと、それはいずれも脳にダメージを与えてしまうためです。高血圧の場合は動脈硬化、糖尿病の場合は血糖値の増加が原因で、主に脳の神経や血管に悪影響を与えやすくなってしまいます。そのため、食べ過ぎないこと、甘いものを摂りすぎないこと、バランスの摂れた食事を心がけること、を意識して生活習慣病に罹らないことが重要となってきます。

・有酸素運動を行う
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うと認知症の予防に繋がります。これは「体内の血流をよくしたうえで積極的に酸素を取り入れることで、脳機能や記憶力の向上に期待できる」といった理論からきています。まずは10分程度のウォーキングからでも構いませんのでこれを習慣化させるようにしましょう。

・何でもいいので趣味を持つ
趣味を持つことでも認知症予防に効果があります。これはテレビゲームなどのようなちょっとした頭を使う趣味でも構いません。また、人と接して談笑するだけでも効果があるため、自分が興味を持てそうなものであれば積極的に趣味として楽しむようにしましょう。

・周りが気づいてあげる
認知症は自分ではなかなか気づきにくい病気ですが、他人からしてみれば「・・・おかしいな?」と思うことは結構あります。そのため周囲の人が認知症かもしれないと思ったらなるべく早く病院に行くことを勧めるようにしましょう。認知症は早期発見かつ早期治療が重要な病気なので、対処が早ければ早いほど事態は好転しやすくなります。

以上4点を意識して生活していけば認知症に罹る確率は下がるでしょう。認知症は誰にでも起きるものなので、自分はもちろん他人のことも気遣っていくようにしたいですね。

認知症は単独の病気ですが、その人には、他にもたくさんの病気が身体にあります。それも忘れずに。

認知症ほど老人の病気として知れ渡っている病気は他にはないでしょう。
昔は、ボケとか恍惚とか言われていたのを知っていますか。病気とは認められていなかったのです。
病名がはっきりしているだけでも前進だと思います。
社会が受け入れなければならない問題だという事が分かるでしょう。
認知症は精神科で治療して貰えます。薬をたくさん処方されます。でも治りませんよ。認知症はまだ現段階では治らない病気です。
病院で死亡診断書に認知症と記入されることはありません。
癌と同じくらい恐怖の病気なのに、認知症で死ぬ事はありませんから、世の中も、どのように考えたらいいのか分からない所があります。
ですから、認知症の人が電車に撥ねられ死亡すると、鉄道会社から多額の請求を求められます。大変な時代です。
認知症とはどのように判断されるのでしょう。
病気としてだけなら、病院の医師の診断書でいいのです。
ところが、認知症はそれ以外にもたくさんの問題が含まれます。
身体障害者としての認定です。障害者としての等級です。1から3まであります。本人も家族もどの等級に入るかで、経済的にも世話の方法に大きな違いが出て来ます。
もう一つは、介護の問題です。
この介護にも、要介護の数値が決まっています。1から5です。
この中の何処に認定されるかで、障害者と同じように負担が全然違います。
ここで、もっと大きな問題にぶつかる人が殆どです。
認知症の人は、殆どが他の病気を持っていること。複数の病名を持って、行政の障害者、介護の仕分けに直面します。
認知症の人は、内臓に病があったり、足や手や腰に病を持っている。
これが、治療や介護に間違った判断を持たれる事が問題なのです。
例えば、介護の必要な人が、特別養護老人ホームに入居するとします。
認知症を持っている、足が悪くて歩けない、トイレにも行かれない、手が悪くて一人では食事も出来ない。内臓が悪いから食事も皆さんと別メニューになる。
これらを引き受けてくれる特養ホームはそんなに数はありません。
病院に入院を促されます。病院はその日の治療はしますが、入院までは認めないのが殆どです。
ここが問題なのです。
老人の病気として、認知症を考える時、必ず複数の病気と一緒に考えて欲しいのです。
老人病という名前に変えて、総合的に対処するような国の姿勢が見られることを願います。

認知症と生活習慣について

認知症は、生活習慣によっても発症しやすくなります。
その内容について、まとめてみました。

・喫煙
タバコを吸っている人は、認知症になりやすいと言われています。
タバコは、脳の血管障害を引き起こしやすくなるからです。
そのため、喫煙をしている人は、見直す必要があります。
少し多すぎとなっている場合は、その本数を減らすだけでもその効果を期待することが出来るのです。
タバコは一利なしと言われるほど、体のためにもよくないものです。
そのため、認知症について心配となった時には、是非とも見直すことをおすすめします。

・多量のアルコール
飲酒は、少しなら健康的にも良いと言われています。
しかし、その反対に大量に飲んでしまうと、健康被害があります。
その一つに、認知機能の低下があるのです。
その結果、認知症となってしまう確率も高くなると言えます。

・運動不足
認知症になりやすいのは、刺激が少なくなることなのです。
脳を使わなくなると、認知機能は劣ってしまいます。
そのことから、運動をすることはそのこと自体が刺激となり、認知症を予防することができます。
運動は、有酸素運動をすることによって、よりその効果を期待することができます。
年を取ると、有酸素運動をすることがむつかしいということもありますね。
そんな時には、座ってできる運動や手を動かす等ということでも、認知機能を高めることができます。

・食事は栄養バランスよく食べる
食事は、体を作る大切な内容です。
そしてその食事は、毎日のことなのでその積み重ねによって、体の機能も違ってきます。
偏った食事をしていると、脳血管障害等の病気にかかる危険性が高くなります。
そのような病気になってしまうと、行動をすることが制限されることにより、より認知症のリスクが高くなります。
日々の積み重ねの食事は、そのような病気にならないように意識をして食べるようにしましょう。

認知症は、日々の暮らしの中でも、予防をすることができます。
そのことを意識して行動することが大事と言えます。

認知症について、早期発見を。

「認知症」とは加齢よってにともなう病気のです。さまざまな原因で脳の細胞が死ぬ、または働きが悪くなることによって、記憶力の低下、判断力の低下などの障害などが起こり、意識障害はありませんが、社会生活や対人関係に支障が出ている状態をいいます。
種類は、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症などがあります。
アルツハイマー型認知症は初期の段階で、
・短時間でおきた出来事を忘れてしまう
・著しい記憶力の低下
・時間や場所の見当識の低下
などが起こります人によっては、
・注意力の低下
・向上意識の低下
・落ち込みがちになる(うつ病からの場合が多い)
などのほうが多く出る場合もあります。その後発病からの時間経過によって、
・簡単な単語なのに単語が思い出せなくなる
・今まで出来ていたような簡単な作業が出来なくなる遂行機能の低下
といったより外部への被害が大きくなります。
レビー小体型認知症は、初期の段階で
・錐体外路症状
・幻覚の中でも幻視
・意識の清明さが変動する
などが起こります、とくにレビー小体型認知症の初期段階で併発しやすい病気は
自律神経の機能低下から起こるうつ病です。
うつ病によって今までやっていた仕事を突然やめてしまったり、生きることに楽しみを感じられなくなり最悪の結果を招くといった事例もあります。
そして、闘病生活時に
・抗パーキンソン病薬
・抗不安薬
・睡眠薬
・抗精神病薬
・抗アレルギー薬、などの薬を服用すると症状が悪化する恐れもあります。

血管性認知症は、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などの、明らかな脳血管障害が起きたあと、
認知機能が低下したのちに、起こってしまう病気を、血管性認知症といいます。
まず、注意力の低下、意欲の低下、うつなどの症状が起きます、
こちらは、前者の二つと比べ、
注意力の低下よりも意欲の低下が目立つ場合が多かったり、急に泣いたり怒ったり、感情の起伏が激しくなるということが起こります。
今まで書いたような症状が少しでも出て、『もしかしたら』と感じたら一度病院で見てもらうことをお勧めします。大事なご家族を少しでも長生きさせるためにその一歩が大切です。